個人的にお勧めの入出金手段

アイウォレットはアジア圏のオンラインカジノで主流に

アイウォレットはアジア圏で主流

アイウォレットを採用しているオンラインカジノは、フィリピンに本社をおいているジパングカジノなどが代表的です。フィリピンでオンラインカジノを立ち上げている会社は、フィリピンに支社を持っているアイウォレットを活用するケースがあります。全体的にエコペイズに押されている傾向があるものの、アジア圏では導入しやすいサービスなのです。

香港の会社だがフィリピンにも会社あり

アジアの会社の1つとして活動しているアイウォレットは、香港に本社を置いています。ただ香港だけではうまく会社経営が行かないと判断して、よりサービスを展開しやすいよう、フィリピンに支社を置いています。このフィリピンの支社が、オンラインカジノとの提携を加速する役割を持っていて、ジパングカジノなどと提携することに成功しています。もしフィリピンに置かれていなかった場合、ジパングカジノ系列もエコペイズを採用した可能性があります。
フィリピンにあることで、フィリピンのオンラインカジノはこちらを採用したいと考えています。相談しやすいことが一番のメリットで、エコペイズよりもアイウォレットを採用したほうがリスクが小さく、費用面の負担も抑えられると判断しているからです。アジアの会社である香港の会社であるアイウォレットを採用して、フィリピンの支社を経由しながら相談などを実施しています。

アジア圏以外のオンラインカジノでは使われず

一方で、フィリピンに本拠地を置いているオンラインカジノ以外では利用されていない傾向があります。エコペイズのほうが需要が高いと判断されている面があり、結果的にオンラインカジノでは利用されていない部分もあります。アジア圏のオンラインカジノはいいと思っていますが、それ以外の場所ではエコペイズのほうが相談しやすく、しかも導入するメリットが大きいと思っているので、結果的にアイウォレットを使っていません。
つまり導入しているオンラインカジノは、フィリピンなどのアジアにあると思っていいです。アジアで使われているサービスとして考えれば、少し安心感が生まれるかもしれません。知っている会社であることと、アジアの情報を多く知っていることで、対応が良くなる可能性もあるからです。
オンラインカジノによって違いが生じていることを理解しつつ、どのように利用していくと安心感が生まれるのかチェックしてください。アイウォレットの場合は、基本的に導入しているオンラインカジノがアジアであることを理解するといいです。

アイウォレットは外出先でも使えるデビットカードがある

デビットカードを発行

プリペイドカードのような使い方ができて、しかも信頼性が高く、利用できる範囲が広いなどのメリットを持っているのがデビットカードです。アイウォレットは、こちらを発行することでアイウォレットの残高を利用することが可能です。出金できずに困っているなら、アイウォレットのデビットカードを持っておき、外出先やネットのサービスで活用するといいです。

デビットカードを発行する方法はとても簡単

審査自体は行われていないので、デビットカードを希望しているならお願いして発行してもらいます。クレジットカードの場合、発行するためには審査を受けなければなりませんが、デビットカードは銀行口座を持っているだけなら問題なく、審査を受けなくても口座を持っていれば普通に使えます。アイウォレットも同様のサービスを行っているので、発行する方法がとても簡単になっています。
デビットカードを持っているだけで、アイウォレットの出金問題は解決します。つまり出さなくても利用できるので、エコペイズと違って使い道がなくて困っているとか、出せない金額が多すぎてどうしようか迷うこともないのです。多くの金額を安心して使いやすいようにしてくれる良さがあるので、アイウォレットもメリットを多く持っていると言えます。

しっかりしたブランドが付けられる

香港の会社ではありますが、MasterCardと提携していることで、デビットカードを発行しています。信頼できるブランドと提携していることが大きな要素となり、ブランドとしては非常にいいものとなっています。MasterCardの信頼性は高いとされているので、出来る限り発行しておけば、オンラインカジノで勝った金額をすぐに使えます。
デビットカードを持っていると、外出先で利用できる可能性が非常に高くなり、どこでもアイウォレットの残高内で決済ができます。必要なサービスに使ってみたり、新しい商品を購入する時に使うなど、多くの用途で使い道を考えられます。

デビットカードを発行しないままだと少し大変

もし発行しない選択を選んでいるなら、それは逆に面倒なことになるでしょう。とにかく辛いのは、出金制限がアイウォレットにも用意されていること、残高がなくなっても口座維持手数料が突然必要になってしまうなどの問題です。デビットカードを発行して、お金を入れておけば発行しているカードを使って決済が可能となります。お金を入れておけば休眠口座として扱われる可能性が低くなり、使いやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です